Excel2010突然落ちる原因と解消方法

ぼちぼちと遅い仕事始め。

パソコン3台を立ち上げて気付いたのですが、毎月第二水曜日はWindowsの
アップデートの日ということでチェックしてみると、更新を促されました。

ですよねーと思って、Windows10とWindows7で、それぞれアップデート。

アップデートが終われば再起動で、通常運転が可能になりますので、エクセル
を立ち上げてデータ入力というところで、ファッと消えてしまいました。

エクセル2010で一文字打つと落ちる

業務のデータが入っているエクセル2010に、追加データを記録しようと文字を
打ち込むと、ファッと落ちる現象が続きます。

んん??

と思って、また開き直して1文字目を入力するとフリーズして、ファッと落ちる。
これを5度ほど繰り返して、ちょっとだけ青ざめました。

エクセル 2010 落ちる 原因

思い当たるフシがまるでわかりません。

強いて言うなら、今年初のWindowsアップデートをインストールして
再起動したぐらいです。

「excel 2010 落ちる」「エクセル 固まる 原因」「エクセル 文字 打てない」
などなど検索しまくると、さすがに先人はいるもので、あっという間に解決。

結論から申し上げると、Windowsアップデートが原因でした。

ドットワン様のウェブサイトを参考にして、当該の事象を引き起こしていた
プログラムをアンインストールしました。

EXCEL2010がいきなり落ちる – ドットワン様

エクセル2010が落ちる原因のプログラム

エクセル2010で不具合を出していたのは、

KB4461627

という更新プログラムだったのです。

勘弁してくださいMicrosoft様(汗)

無条件にインストールしちゃったので、これのみをアンインストールする
ことで問題が解消されると、ドットワン様のブログで言及されていました。

更新プログラムKB4461627の探し方とアンインストール

Windows10とWindows7のパターンしかわかりませんが、一応、図解でありかと
アンインストールの方法をお伝えしておきます。

Windows10の場合

スタートから歯車マークの設定を選び、更新とセキュリティを選択。

Windows Updateの画面より、更新の履歴を表示するを選択。

更新の履歴を表示するの画面より、更新プログラムをアンインストールするを選択。

更新プログラムのアンインストールの画面から更新プログラムKB4461627をクリック。

アンインストールが正常に終了すれば、エクセル2010は元通りに、
文字を打ち込めるようになりました。

Windows7の場合

Windows7は、更新ブログラムをアンインストールする画面に辿り着くまで、
少なくとも2通りのパターンがあります。
Windows updateの画面からとコントロールパネルからの行き道を図解します。

Windows Update経由

スタートメニューから、全てのプログラムよりWindows Updateを選択し、
インストールされた更新プログラムを選択。

コントロールパネル経由

スタートメニューから、コントロールパネルプログラムのアンインストールを選択。

プログラムのアンインストールの画面でインストールされた更新プログラムを表示を選択。

この更新プログラムのアンインストール画面まで辿り着ければOKです。
当該のプログラムであるKB4461627を検索してクリック。

アンインストールボタンを押す

アンインストールの作業状況がプログレスバーで表示される

「更新プログラムが正常にアンインストールされました。」の表示が出れば終了。

Windows8は実機が無いのでわかりません(汗)

ともかく、更新プログラムのKB4461627をアンインストールしたお陰で、
正常な状態で Excel2010 を使用することが出来ています。

良かった良かった。

error: 右クリックできない仕様です